ベントリー・ネバダの水力センサーは、計画外停止回避をサポートします

水力センサー

水力発電機の状況を把握する必要がある場合に、特に稼働中には、ベントリー・ネバダの実績豊かな水力センサーをご利用ください。

ベントリー・ネバダは、50年以上前に渦電流式プロキシミタを発売してこの分野を開拓し、それ以来、動圧、発電機のエアギャップ、電磁力、機械力、重力による絶縁固定子巻線端部の振動の分野にも進出しています。

4000シリーズの容量性発電機エアギャップセンサーは、タービンのローターとステーター間のリアルタイムの空隙測定の基準を打ち立て、負荷下でのタービンの動作を把握する場合に不可欠になっています。遠心力、熱力、磁力の複合効果のために、発電機が稼働していない状態ではローターとステーターの形状に沿った空隙の寸法は効果的に測定できません。実際に使用可能なデータを取得するには、リアルタイムの監視が必要です。

ベントリー・ネバダの水力センサーは、1つだけではなく複数のパラメータを記録するため、機械設備の振動問題をより正確に把握できます。また、データ量と理解が向上すると、問題をより正確に診断し、対応することで、コストのかかるダウンタイムや誤診断を回避するだけでなく、場合によっては高コストの分解検査が不要になります。

ご質問・ご要望

お問い合わせ

製品概要