マイクロフォーカスX線源のための革新的なX線ターゲット

最大2倍高速のマイクロCTスキャンまたは2倍解像度のための高量子 | ターゲット

今日、処理能力が最適化された高出力CTスキャンは、ターゲットの溶融を防ぐために、より大きな焦点を必要とします。 しかし焦点が大きくなることで、画質と精度が低下します。

scatter|correctおよび最新のdynamic 41検出器の技術を組み合わせたベーカー・ヒューズCT技術革新バンドルの一部として、特許で保護されたこの新しいGEhigh-flux|targetCTスキャンをより効率的にすることによって、鋳造産業または付加製造等、生産フロアにおける完全に自動化されたロボットベースの高生産性の大量CT検査でさえ可能にします。 複雑な回転陽極技術ではなく材料特性に基づくその高熱伝導率特性によって、この新しいターゲットは、より小さな焦点でより大きな出力を実現することができます。 そのためユーザーは高画質を維持しながら、より高速または高精度のスキャンを行うことができ、同解像度で処理能力は最大2倍となります。または処理能力の影響がない状態で、最大2倍の高解像度になります。

この新しいhigh-flux|target技術は、新型 phoenixX線およびCTシステムのオプションであるだけでなく、既存システム用後付けパッケージでもあり、X線源の幾何倍率特性に対する負の影響がありません。

ご質問・ご要望

お問い合わせ

製品の特長