News Story

将来に向けた燃料補給:LNGの安全な輸送のための課題解決

1 Min Read
ap

ドラックのお客様は船舶制御と計測監視技術をオフショア・ユニットの操作やタンカー、LNG輸送船、客船、原料運輸といった船舶運輸の様々な手段のために提供しています。

AP

お客様の直面した課題

LNG輸送船は遠方の消費者に衛生的な天然ガスを大量に輸送するように設計されています。 LNG輸送船において、タンクの大気圧システムは在庫管理と安全な輸送のための正確な温度、測定レベル、圧力測定値を保証するものです。このガスを保存するタンクは、巨大で複雑な構造をしており、9万~17万5千㎥の容量を輸送できます。タンクの設計と構造は物質的資産を含んでおり、操作及び保守費用を最小限に留めるため、信頼性の高いタンクの大気圧システムを稼働させることが必須となります。

タンク内の正確且つ一貫性のある液体の計測は、在庫の管理規定を可能にします。加えて、測定レベルと温度測定は過剰充填を防ぎ、製品ロスと潜在的な環境損傷を回避することに役立ちます。

LNG運輸船のレーダー・システムは、タンク・レベルの測定監視システムです。 表面からの距離を特定するために資源製品に超音波を送り、そのレベルを測定します。距離を正確に測定するために、レーダー・システムはガス中の超音波のスピードを知る必要があります。これは、タンク内のガスの圧力と種類によります。

ドラックのお客様は、LNGタンク内の圧力を測定、監視するという課題に対するソリューションを必要としていました。それは、レーダー・システムを校正し、正確なレベル測定を確保するために欠かせません。このアプリケーションは、オンボードシップであるため、船舶認証に準拠していなくてはなりません。ドラックは、こうしたお客様のアプリケーションのために最も効率的なソリューションを考えました。それは、タンク内の天然ガスに微量の硫化水素(H2S)が含まれていることを認識する必要性があるという意味でも非常に重要なことでした。

 

 

ap

 

Druckがもたらしたソリューションと付加価値

ドラックチームはこの多くの難しい課題に要求される仕様に対応するカスタマイズ製品を開発することに同意しました。ドラックはPDCR250デジタル補正型圧力センサーを提供しまし、船の甲板上で観測される-2080℃にわたる広範囲な動作温度レンジでも高い精度(0.25%フルスケール)を実現しました。

このアプリケーションにおいて防爆認定が取得され、ガス漏れが悲劇的を引き起こす起爆性の高い環境においてもセンサーを使用することが可能になりました。

このセンサーは完全に溶接され、測定媒体や環境からの汚染に対して高いレベルの保護を実現します。特別なケーブルが用いられ、また溶接された構造により、顧客のタンクレベルゲージシステムに対して船級が取得されました。

敏感な圧力測定モジュールはハステロイCで出来ており、天然ガス中の硫化水素(H2S)からもたらされる腐食を防ぎます。

押込み嵌め式ベント・チューブがセンサーの背面にあり、圧力のかかったハウジングが大気に通気して正確なゲージ測定ができるようになっています。

お客様の既存のソフトウェア・システムに統合するため、カスタマイズされたMODbusプロトコルがRS485通信システムに実装されました。

これらが統合されたソリューションはお客様がタンク内の液面レベルを高精度に繰り返して測定することを可能とし、オペレータに在庫レベルの調節余地を与えました。更に、正確な温度とレベル計測が過剰給のリスクを最小化し、製品のロスや環境腐食の抑制にもつながったのです。

ドラックの船級取得センサーを見る こちらをクリック

ドラックのカスタマイズされた製品提案を見る こちらをクリック

ドラックの情報を LinkedInでもっと見る こちらをクリック