News Story

Druckの PACE 5000 で、医療機器製造ラインの圧力計測検査を自動化できます

2 Min Read
application for medical devices

お客様: 内視鏡治療に使う医療機器のメーカー企業

産業分野: バイオメディカル・サイエンス

アプリケーション: PACEモジュール式圧力コントローラーをバイオメディカル機器の生産ラインの圧力計測試験の自動化に使用。

課題解決: PACE 圧力コントローラーの高速制御力によって医療内視鏡に装備された圧力センサーを校正する生産ラインのテスト・システムの品質検査を迅速化し、生産効率を向上させました。

 

お客様と製品

ドラックとお取引のあったあるお客様で、ヘルスケアの専門性と世界中の患者からのニーズに適した製品を幅広く開発、製造している世界でも有数の医療機器メーカーとして知られています。特に、尿管鏡の開発技術において卓越した専門知識があり、その製品は腎臓結石の治療にも広く使われています。

 

お客様の直面した課題

尿管鏡は腎臓結石を除去する治療の際に、尿管と腎臓の中を見るために使われる内視鏡です。

以前はこうした内視鏡は非常に高額で、何度も繰り返して使うことが一般的でした。そして再利用するために使用後、何度も消毒しなければなりませんでした。しかし、現代医学においては、一度きりの使い捨ての機器へと移行してきています。これは、現代のバイオメディカル研究が、衛生基準に合った殺菌をするには汚染リスクを避けるため、使用する度新しい機器を使うしかないと提言したところから来ています。

使い捨ての医療機器を製造するには、いくつかの課題がありました。使い捨て自体は、汚染された機材からの感染リスクを低減するという意味で患者側にはメリットがあります。しかしそこには、一般に知られている課題があります。そのお客様のバイオメディカル機器の(使い捨て)プローブのコストを抑え、経済的にしなければならないのです。

製品開発過程における技術進歩と設計変更を経て、ドラックのお客様は飛躍的なコストの低減に成功されました。実は、再利用するバイオメディカル機器には使用後にかかる様々な関連コストがあります。こうしたコストには修理、部品取り換えといったものも含まれ、同様に洗浄や消毒過程に人的コストもかかるのです。

患者に対する感染リスク低減と使い捨て製品のコストの削減という複合的な恩恵は、バイオメディカル機器のトレンドにマッチし、このお客様の市場における優位性を確実なものにしました。

バイオメディカル機器における「使い捨て」というトレンドは、製品ニーズを高め、メーカーに対する製造需要も飛躍的に伸ばしますが、それ以上にメーカーは製品品質を維持し、製造コストを抑える必要もあるのです。この使い捨て尿管鏡には先端に動画配信、LED光源と圧力センサーがついているという特徴があるのですが、この圧力センサーは腎臓結石を除去する施術中、患者の腎圧力をモニターするというヘルスケアのエキスパートにとって最も重要な役割をもっているのです。

確実な圧力測定データは信頼に値し、大量の圧力センサーは製造工程中に校正が可能でした。つまりお客様は、高精度で高速な校正というソリューションを必要としていたのです。校正のためのソリューションは圧力センサーの精度を保証し、それは患者側の安全を危険に晒さないよう設計されたアプリケーションに必要なものなのです。更に、この校正ソリューションは、製造の際に大量のバイオメディカル機器が需要に対応して製造することを可能にしました。つまり、お客様の製品の製造稼働中のダウンタイムを最低限に抑えることで、それは実現したといえます。

 

Druck のソリューションとは

ドラックとPACEモジュール式圧力コントローラーに馴染みのあるお客様から、PACEは要望するアプリケーションの中で使用できるかという問い合わせをいただきました。

ドラックのPACEモジュール式圧力コントローラーは、高速、高機能、且つ経済的なソリューションを自動化された製造ライン上の圧力制御、及び計測・校正においてもたらしたのです。

 

PACE 5000 modular pressure controller

写真 1: PACE 5000 モジュール式圧力コントローラー

プローブ内のセンサ校正のための試験は、圧力計測におけるどの様な誤差要因も特定し補正するために、複数の圧力及び温度環境を発生させることを要求します。

ドラックのPACE 圧力コントローラーは要求されたセットポイントに、他に入手可能などのようなコントローラーよりも素晴らしい速さで制御可能です。(およそ5秒以下でセットポイントに到達します。)多点圧力校正の全項目は非常に短時間で実施が可能です。

圧力コントロールにおけるもう一つの側面として、圧力値が読み込まれる間、セットポイント(にコントロールされた圧力)が一定を保つ必要があります。

プローブに使用されるセンサの仕様は小さな公差に適合しなければなりません。PACEの高い性能(読み値の0.0016%+0.0033%フルスケール)は、お客様に計測における正確さの度合いを非常に高い信頼度で提供します。

また将来の製品生産量の増大によって、PACEコントローラーは毎日使用されることが予想されますが、何年にもわたって証明されきた信頼性と耐久性によって、お客様は要求の高い生産環境において製造ラインの高い稼働率を維持できることを確信することでしょう。

 

Druck がもたらした付加価値

PACE5000の紹介はお客様に重要な恩恵をもたらしました

  • スピード – スループットの増加を促進と同時に素早い校正を可能にし、生産効率をアップさせます。
  • 精度 – 計測に欠かせない信頼に値する精度及び確度を提供します。
  • 制御安定性 – 測定が行われる間に圧力を一定に保つことは極めて重要です。
  • 信頼性と耐久性 – テスト機材の故障に起因するダウンタイムのリスクを最小化します。

 

お問合せ、ご相談はこちらをクリック

 

アプリケーション事例をダウンロードする(English)

ドラックの圧力コントローラーPACEシリーズをもっと見る

ドラックをLinkedInで見る