News Story

Druck 圧力センサーの水道局向け漏水防止対策事例

1 Min Read
Hydrology Sensor - UNIK5000

お客様: データロガー製造企業

産業分野: 水位計測

アプリケーション: 漏水検知

ソリューション: ドラック DPS503D デジタル圧力センサー

 

お客様

この事例のお客様は、配水システムの監視に使用されるデータロギング機器のメーカーです。 ドラックの多くのお客様同様に、センサーをコンポーネントまたはアセンブリーに組み込み、それを顧客に提供している企業です。

最終ユーザーは、 800万人にサービスを提供し、46,000 kmの家庭用水道管を備えている英国の地方水道局です。 配水システムの漏水はコストがかかり、世界中の水道当局とその顧客に影響を与える可能性があります。 漏れが発生した配管は、配水システムの作動効率を低下させ、高価な処理水のかなりの部分が失われます。

image

お客様が直面した課題

ドラックのお客様にとっての課題は、配水ネットワーク周囲の圧力を十分に正確に記録し、圧力降下とそれによる小さな漏れを正確に特定できるシステムを製作することでした。 それによって、データロガーはそのデータを確実に送信し、漏水を減らし大きな被害を回避する危機管理が水道局にとって可能となります。

水道局はコストに対して非常に敏感であり、従って、上述のシステムは競争力のある価格である必要がありました。 水道局への費用は2つの段階で発生します。最初に資本設備の購入、設置、試運転、次にメンテナンスと修理に関連する継続的な費用です。 危機管理は、大規模な漏水が物的損害を引き起こす可能性がある場合に、配管システムを維持するための高価なアプローチです。 このような事態には、迅速に予定外の注意が必要であり、顧客への供給が中断されます。

 

Druckの直面した課題

ドラックの課題は、僅かな漏れを正しく識別するために十分な精度、分解能、安定性で水位を測定する圧力センサーを提供することでした。 このセンサーは、メタンが収集される可能性がある地下の危険区域での使用が認定されている ドラックDPS5000シリーズの派生製品です。 その他に次のような要望がありました:

  • 電力消費を削減することで、電源供給コストを削減し、お客様の資本コストを削減すること
  • 降雨時に氾濫する地下室に多くのユニットが設置されているため、水没に耐える堅牢な構造を確保すること
  • 高レベルの安定性と低消費電力により、サービスの間隔を広げ、メンテナンスコストを削減すること

 

Druckのソリューションとは

ドラックのDPS503Dデジタル通信圧力センサーは、以下を提供するために選択されました:

  • 高精度:ドラックのセンサーの高性能モジュールのデジタル補正性能は競合他社製品を上回り、差別化ができます。
  • 堅牢性:ドラックの水関連産業に適した製品を開発してきた経験が、高い信頼性をもつ防水/水中圧力センサーの構造設計と製造を可能にします。
  • 信頼性: ドラックの溶接構造とシリコンセンシング素子は耐久性があります。
  • 省消費電力:ドラックのDPS5000デジタル通信圧力センサーシリーズは、使用していない時間についてはスリープモードとなるマイクロプロセッサを使用しているため、消費電力が削減されます。
  • 安定性:機械加工されたモジュール内のドラックの高品質シリコンは、市場をリードする安定性を提供します。
  • FM及びATEX認証:ドラックのDPS5000デジタル通信圧力センサーは、多種多様な国および地域の規格に適したものになっています。
product

写真1:ドラック DPS5000 デジタル圧力センサー

 

Druckのもたらした付加価値

ドラックのDPS5000部品番号 DPS503D の導入により、次のような大きなメリットがもたらされました:

  • 高性能:水道局が微細な漏水を正確に特定し、壊滅的な事態が発生する前に事前に修理することができました
  • 課題解決力の高さ:データロガーのサプライヤーが高圧用センサーで低圧用途もカバーし、センサーの圧力レンジの差異を減らし、それにより在庫コストと市場投入までの時間削減が実現しました
  • 堅牢な設計:特に洪水発生後の現場での故障することが減りました
  • 省消費電力及び高安定性:修理校正のためのサービス間隔が延長されました