口火が着いているかどうか自信を持って確認

ロイターストークスの火炎検知器

電力業界では、ガスタービンに設置される火炎センサーとしてロイターストークスのFlame Tracker製品群の信頼性が高く評価されています。このUV式のFlame Trackerは、多くのモデルの標準装備OEM機器ですが、Flame Tracker Dry FTD325は、この標準モデルの進化版として、ISPおよびエンドユーザーのメンテナンス費用削減を促進します。Flame Tracker Dryは、温度に敏感なコンポーネント(特にセンサー部分)を極端な温度にさらさないように保護することにより、複雑な水冷システムの破損リスクを取り除きます。

UV式の火炎スキャナーは、IRセンサーとは異なり、黒体放射の影響を受けず、熱電対の熱慣性がないため、燃焼状態の変化により迅速に応答できます。Flame Trackerファミリーは、ガスタービンなどの重要なインフラ機器の適切な動作のために重要であるため、熱電対のように保守作業が必要になりやすく、故障する可能性が高い状況で最適です。

トップ燃焼型水蒸気メタン改質装置では、起動時にのみ火炎検知器を使用する傾向があり、プラント停止前の工程で運転障害を起こす可能性があります。Flame Trackerは、プラントのライフサイクル全体を通じて作動し続け、改質装置に必要な限界以上の温度に耐えられるよう設計されているため、交換は不要です。

Reuter-Stokes' Flame Detectors are designed for monitoring a wide range of industrial burners and equipment including:

  • Gas Turbines
  • Industrial Boilers
  • Steam Methane Reformers
  • Enclosed Ground Flares
  • Drying Kilns
  • Industrial Ovens

IR vs. UV Flame Detectors

Unlike IR sensors, UV flame scanners respond more quickly to changes in flame status because they are not subjected to black body radiation and lack the inertial memory of a thermocouple. Users rely on Reuter-Stokes flame sensors for proper operation of gas turbines and other critical infrastructure and are ideal in situations where other service-prone technologies, like thermocouples, tend to fail.

Top-fired steam methane reformers tend to use flame sensors for start-up only and expect them to fail before operations are ramped down, while traditional sensors installed in areas with excessive heat tend to burn out. Our Flame Trackers continue to operate throughout a plant’s lifecycle without the need for replacement, as they are designed to withstand temperatures beyond the range required for methane reformers.

 

ご質問・ご要望

お問い合わせ

flame sensor attributes

Flame Sensor Products & Features:

製品の特長

UV flame protection

 

Industrial Flame Monitoring Applications: