パナメトリクスのフレア管理システム

フレア管理を最適化するためにお客様と連携

ベイカー・ヒューズのパナメトリクスは、フレア測定の先駆者です。フレア測定は長年の間に大きく進化し、現在ではflare.IQによって高度なプロセスコントロールのアルゴリズムを超音波流量計およびサービスと組み合わせて使用することで、フレア効率をコントロールできるようにすることに取り組んでいます。

この技術はすべて、フレアの応用と、超音波メーターが単なる流量情報以上のものを提供する方法についての幅広い知識に基づきます。1970年代から、パナメトリクスは超音波メーターを使用して多くのアプリケーションを測定するためにより良い方法を提供してきましたが、フレアガスアプリケーション特有の要件では、その利点の多くが必要でした。通常動作で下限流量を処理でき、流量範囲が従来の技術を超えるような異常状態でも測定を続けられるメーターを開発しました。このメーターには制限がなく、フレアの安全性の問題を引き起こす可能性のある背圧が発生しません。また、パナメトリクスの超音波メーター独自の機能は、炭化水素ガスの分子量を測定できることで、質量流量を測定し、フレア状態になっているガスの特定を促進することができます。

現代のフレアシステムのニーズは、流量を把握し、バルク分子量を理解するだけではなくなっています。排出量を削減して環境への全体的な影響を軽減する圧力がかかっているため、特にメタンのようなガスの場合、メーターの精度がより重要になります。さらに、その情報を使用してフレアシステムの燃焼効率をコントロールする機能も重要です。パナメトリクスは、フレアガスのBTU含有量を決定するために、フレアメーターの診断を使用し、新しい先進型プロセスコントロールのアルゴリズムによって、この課題を解決しました。

ベースライン条件の多くは、コントロールスキームよって変わりますが75〜90%でした。しかし当社のプロセスでは、フレア・アシスト・システムをコントロールして98%のCEを達成することができました。

精油量1日500バレルあたり、年間16万mT相当のCO2削減が可能
フレア計装における40年以上にわたる経験
4地域の25人のフレア専門家が150ヵ国以上をサポート

ご質問・ご要望

お問い合わせ