3D Metrology 2.0 のワークフローと精度の向上

True|position / Ruby|plate

Inspection Technologies の Phoenix V|tome|x M プレミアムパフォーマンス CT スキャナーでのみ使用できる True|position 技術は、測定位置を、指定された精度で、特許取得済みの革新的な Ruby|plate 校正ファントムにより検証できるすべての位置に拡張します。最大プロービング長 130 mm でも校正の不確実性が 1 マイクロメートル未満である独自のファントムのおかげで、VDI 2630 ガイドラインを参照して、両方の位置で最大 (3.8 + L/100 mm) µm の高い測定精度を指定できるだけでなく、VDI 位置以外のすべての位置で驚異的な (5.5+ L/50 mm) µm に達することもできます。 さらに、完全に自動化された easy|calib を適用することにより、VDI 仕様 (3.8 + L/100 mm) µm は、わずか数分の校正で任意の位置に適合させることができます。

高度に自動化されたルーチンである新しい Ruby|plate 校正ファントムと True|position による残りの機械的位置決めの不確実性の補正、および温度センサーを使用した熱効果の補正などの独自の革新によって、CT 計測ワークフローと精度は新しいパフォーマンスレベルに引き上げられます。

 

製品の特長

お問い合わせ

お問い合わせ