3D計測2.0のための改善されたワークフローと精度

true|position / ruby|plate

インスペクション・テクノロジーズのプレミアムCT スキャナphoenix v|tome|x mだけで使用できるtrue|positionテクノロジーでは、指定された精度の測定位置が、革新的なruby|plate calibration phantom(特許出願中)により、指定された精度の測定位置を全ての位置に拡張して検証でき、より高速なCTスキャンのセットアップを可能にします。130 mmの最大探査長でもその校正の不確実性を1ミクロン未満に抑えた独自のphantomにより、VDI 2630規格準拠の両位置で最大3.8+L/100µmの高い測定精度を指定できるだけでなく、驚くべきことに、VDI規格基準位置以外の全ての位置で5.5µm + L/50の測定精度を実現できます

高度に自動化されたルーチン、新しいruby|plate calibration phantomおよびtrue|positionsによる残存する機械位置合わせの不確実性の補正、ならびに温度センサーを使用する温度効果の補正により、これら特許取得済みの革新技術は、CT計測、ワークフローそして精度を、新たな性能レベルに高めます。

 

ご質問・ご要望

お問い合わせ

製品の特長

​phoenix v|tome|x mをもっと見る