ねじ山の劣化: 腐食、欠陥、亀裂

ねじ山付きボルトの亀裂および腐食のマッピング

お客様のニーズ

ねじ山付きボルトは、橋、海上プラットフォーム、ビルなどの大規模な建設に不可欠な部分です。 このような大きな構造物の構造的完全性を確保するには、ボルトの全体、特にねじ領域を定期的に評価する必要があります。 ボルトを外さずに、簡単なフェーズドアレイ試験を実行できます。

用途

フェーズドアレイ画像は、腐食、欠陥、亀裂などのねじ山の劣化を容易に表示でき、措置を講じるための意思決定プロセスを支援します。

ソリューション

ねじ山領域での腐食の検出は、ストレートビームフェーズドアレイプローブのセクタースキャンを使用して実行することが推奨されます。 セクタースキャンがねじ山を完全にカバーできるように、プローブはボルト上で 360° 回転します。 左側の図は、そのようなセクタースキャンを示しています。このスキャンでは 1 つのねじ山が処理され、腐食領域は反射信号の大幅な増加(赤い領域)によって検出されます。 安定した均一なカップリングを保証するために、プローブ機能には摩耗防止保護膜が使用されています。これにより粗い表面でのカップリングが可能になり、プローブの寿命が延びます。 これらの機能により、測定、信頼性、精度が向上します。

お問い合わせ

お問い合わせ

製品の特長

用途メモ

Document
言語
Size