内部の腐食や侵食による肉厚の検査

ハンドヘルド DM アレイ探触子による腐食スキャン

顧客のニーズ

腐食確認のための肉厚測定は、超音波厚さ計を用いた定点測定(一部抜き取り測定)を広範囲に行う方法で実施されてきました。 しかし、この方法では全体の肉厚測定を実施していないため、検査範囲内の最小肉厚が検出されない可能性があります。

用途

配管、屋外貯蔵タンク、その他の重要設備など、内部腐食や侵食による定点肉厚測定を行うだけではなく、視覚化する必要性も高まっています。

顧客ソリューション

Waygate Technologies のハンドヘルドDMアレイ探触子を使用して、検査範囲全体をスキャンし、最小肉厚、および損傷を見つけることができます。 これにより、はるかに正確な評価が提供されます。

お問い合わせ

お問い合わせ

製品の特長