手動インデックス操作が可能なハンドヘルドエンコードスキャナー。

一軸スキャナーによる腐食マッピング

顧客ニーズ

一軸スキャンを複数回行い、腐食マッピングを行う場合。 理由には2 軸スキャナーが使用できないか、大きいスキャナーを設備に適切に設置するための十分なスペースがないケースがあります。 一軸スキャンのみので腐食マッピングは非効率なことが多く、報告書作成までの時間が長期化します。 検査後にこの作業を行うことにより、ミスする可能性も増加します。

用途

配管、屋外貯蔵タンク、その他の重要設備など、内部腐食や侵食による定点肉厚測定を行うだけではなく、視覚化する必要性も高まっています。 手動インデックス操作が可能なハンドヘルドエンコードスキャナー

顧客のソリューション

Waygate Technologies Mentor UT のワークフロー形式のアプリケーション方式を使用することによって、検査員の設定時間や校正時間の削減が行え、検査員は腐食マップピングを繰り返し一貫して行うことができます。
 

お問い合わせ

お問い合わせ

製品の特長