自動車のボディパネルの接着層とシーム検査

ボンドシーム検査

顧客ニーズ

エッジおよび非エッジ接合など、自動車のボディパネル用の接合技術として、接着剤の使用が増えています。 接着層の合計の長さは、自動車のボディ 1 台につき数百メートルに到達することがあります。 他の自動車の接合プロセスと同様に、接着剤接合は 100% 確実ではないことがあります。 接着が不足しているエリアや接合ラインがずれているエリアを特定するために、テストが必要です。従来、これは時間とコストがかかる破壊試験でのみ行われていました。

適用

自動車のボディパネルの接着層とシーム検査

カスタマーソリューション

BHGE Inspection Technologies は、接合シーム検査を行うための非破壊手法を提供しています。 ボンドシームスキャナーは、シームまたはその他の接着接合プロセスで結合されたボディパネルに簡単に固定できます。 この設計では、アレイを自動車設計で一般的に使用される輪郭のある部品に採用できます。 バネ仕掛けのエンコーダーホイールは、安定した検査プラットフォームを提供し、最大 32 mm 幅の接合ラインのセンサー位置を追跡します。 保護フォイルは、接触媒質の必要性を最小限に抑え、手動スキャンを簡便化します。革新的なボンドシームスキャナーのリニアアレイ設計は、検査の空間分解能と検出を実現し、接着剤の存在を簡単に確認できるビジュアル画像を提供します。これにより、オペレーターはボンドシームの全体幅を評価し、接着要件が満たされていない場所を特定することができます。自動車やその他の産業セグメントで同様の接着剤適用を検査するために、カスタムアレイプローブを作成することができます。

お問い合わせ

お問い合わせ

製品の特長

ダウンロード

Document
言語
Size