業界をリードする高性能 X 線撮影フィルム

STRUCTURIX X 線フィルム - 高品質 X 線撮影フィルム

STRUCTURIX X 線撮影フィルムの製品ファミリーは、高度なフィルム技術における 2 つの重要な性能である、高品質画像および丈夫なパフォーマンスを基本に製作されています。 STRUCTURIX の卓越性に対する優れた評価は、最高の製品品質を目指す ウェイゲイトテクノロジーズ の継続的な取り組みの結果です。 当社は STRUCTURIX X 線撮影フィルムを、超微粒子の高精細なものから高感度なものまで、多くの標準シートサイズとロールで総合的に提供しています。X 線撮影試験にも対応しています。 お客様のすべての要件とニーズに対応するために、適切な特性を持つ適切なパッケージの STRUCTURIX フィルムを用意しています。

以前はGE Inspection Technologiesでしたが、現在はWaygate Technologiesとなり、品質、安全性、生産性の確保において125年以上の経験を持ち、NDTソリューションの世界的リーダーとなっています。

製品の特長

STRUCTURIX X 線フィルムおよび用途

  • STRUCTURIX X 線フィルムおよび用途
    • STRUCTURIX D2

      非常に高いコントラストで非常に細かい粒子のフィルムです。 可能な限り微細なレンダリングを必要とする露光に最適です。

      • 電子部品
      • 複合材料
      • 鋳物 (軽金属および合金)
      • 複数のフィルム技法
    • STRUCTURIX D3

      非常に高いコントラストで超細粒子のフィルムです。 このフィルムは、最高度にクリティカルな非破壊試験用途の要件を満たす、非常に高い微細感知性能を持っています。 X 線、ガンマ線、またはメガボルト装置からの放射線のいずれかを使用して、鉛スクリーンで露光する場合に使用します。

      • 電子部品
      • 複合材料
      • 鋳物
      • 超高品質溶接
      • 原子力品質
      • 航空宇宙および航空機業界
      • 複数のフィルム技法
    • STRUCTURIX D4

      非常に高いコントラストで超細粒子のフィルムです。 幅広いクリティカル用途に適しています。 X 線、ガンマ線、またはメガボルト装置からの放射線のいずれかを使用して、鉛スクリーンで露光する場合に使用します。

      • 電子部品
      • 複合材料
      • 鋳物
      • 超高品質溶接
      • 防衛および原子力産業
      • 航空宇宙および航空機業界
      • 複数のフィルム技法
    • STRUCTURIX D5

      高いコントラストで非常に細かい粒子のフィルム。 不連続性の視覚化に最適です。 このフィルムは、X 線またはガンマ線のいずれかを使用し、鉛増感紙を用いる場合の使用を意図しています。

      • 溶接
      • 鋳物
      • 造船
      • 航空宇宙および航空機業界
      • 複数のフィルム技法
    • STRUCTURIX D7

      高いコントラストで高速の、細かい粒子のフィルム。 直接露光をするかまたは鉛増感紙を用いる場合を意図して設計されています。 X 線またはガンマ線のいずれかを使用して、鉛増感紙で露光する場合に使用します。

      • 溶接
      • 鋳物
      • 造船
      • 航空宇宙および航空機業界
      •  
      • 複数のフィルム技法
    • STRUCTURIX D8

      非常に高いコントラストで高速の、中程度の粒子のフィルム。 さまざまな用途に適します。 このフィルムは直接露光をするかまたは鉛スクリーンを用いる場合に使用できます。 短い露光時間で良好な画質が得られます。 さらに高速であることが必要な場合は、F8 (D8 とは異なります) と組み合わせて蛍光増感紙を使用する必要があります。

      • 溶接および鋳造
      • 防衛産業
      • 航空宇宙および航空機業界
      • 複合材料
      • 複数のフィルム技法
    • 広いラチチュード(許容度)の STRUCTURIX フィルム

      ラチチュード(許容度)の広いこのフィルムは、構造内の X 線撮影や、鋳物など広い範囲の厚さを持つ物体を検査するために特別に設計されています。

      • コンクリートおよび重建設作業
      • 鋳物
      • 複数のフィルム技法
    • STRUCTURIX D4W

      中程度のコントラストで非常に高速の、超微粒子のフィルム。このフィルムは直接露光技法または鉛スクリーンを用いる場合に使用できます。

      • 鋳物およびその他の複数の厚さを持つ物体
      • 鉄および非鉄鋳物
      • クリティカルでない溶接
      • すべての未分類材料検査
    • STRUCTURIX D6W

      優れた画質と広いラチチュード(許容度)を組み合わせた、中程度のコントラストの微粒子フィルム。

      • 鋳物およびその他の複数の厚さを持つ物体
      • 鉄および非鉄鋳物
      • クリティカルでない溶接
      • すべての未分類材料検査
  • 特殊な X 線フィルムおよび用途
    • STRUCTURIX F6

      中速、高コントラストの微粒子フィルム。金属蛍光増感紙 (RCF) または同様の蛍光増感紙と組み合わせて使用​​するのに適しています。 短いサイクル (90 秒) での処理が推奨されます。 次の用途で必要な場合は、代わりに標準の 8 分サイクルを使用できます:

      • オフショアパイプライン
      • 高速処理要件
    • STRUCTURIX F8

      RCF 金属蛍光増感紙または蛍光増感紙と組み合わせた露光用の高速、高コントラストの微粒子フィルム。

      • 高速システムが主要な要件である
      • 運転中検査における腐食/侵食 X 線撮影
      • コンクリートおよび重建設
      • 低放射線量出力 (マイクロフォーカスなど)
問い合わせる
Waygate Technologies の担当者にご連絡ください。

お問い合わせ

問い合わせる