加速度センサー

非接触型センサー

速度&加速度センサー

ベーカー・ヒューズの速度センサーおよび加速度センサーの進化は、地殻内の動きを測定するために地質学者が使用する自己発電型可動コイル設計の速度センサーから始まりました。現在でも、その起源を記念して、「サイズミック(地震)」センサーと呼ばれています。

これらの初期のセンサーから堅牢な固体加速度センサーが誕生し、その後、加速度ではなく速度を使用して出力信号の信号処理回路を配備する、現在の統合型加速度センサーの先駆けとなりました。

何十年にもわたって培われた豊富な経験と専門知識を駆使して、特定のアプリケーションに多様なモデルを備えた最高のケーシング搭載加速度センサーと速度センサーを提供しています。

お問い合わせ

ご質問・ご要望

製品概要