News Story

熱供給:Druckの圧力センサーで地域暖房ネットワークの パフォーマンスをアップグレード

2 Min Read
Upcoming Webinar

お客様:地域熱供給オペレーター

産業分野: 一般工業

アプリケーション: 地域熱供給ネットワーク

ソリューション: DruckのUNIK5000 圧力センシング・プラットフォーム 

 

Druckチームは、ハンガリーに拠点を置く地域熱供給事業者のチャネルパートナーから連絡を受け、新しい分散型暖房ネットワークの構築を支援する必要がありました。

 

お客様が直面した課題

地域熱供給(DH)とは、暖房ネットワークを介して住宅と商業施設に熱と温水を分配するためのシステムです。

地域熱供給システムは、都市に敷設された断熱パイプのクローズドループネットワークであり、顧客に温水を供給するために使用されます。温水は、ガスまたはバイオマス燃料を使用して給水管網に入る前に水を加熱する中央ハブから送られます。温水は供給配管から建物に入り、熱交換器を介して熱が建物の配管に伝達されます。冷却された水は、供給パイプと平行に延びるリターンパイプのネットワークを介して中央ハブに戻されます。以前は、ドラックのお客様は、必要なすべての地域熱供給圧力と温度の測定を実施し、1つの中央ハブでの制御/監視操作を実施していました。これは、中央ハブと暖房・温水を必要とする建物間の距離に関係なく、供給される温水の圧力と温度が一定であることを意味していました。 ドラックのお客様は、測定を分散化し、小規模ローカル暖房センターを敷設することを決定しました。これらのサブステーションを設けることにより、エネルギーと費用を節約し、より効果的なサービスをお客様に提供できると確信しました。

集中型システムでは、中央ハブで障害がすぐに認識され、障害の修正が容易になりました。 したがって、新しい地方分散型熱熱供給センターに同一の制御/監視システムを装備することが不可欠でした。

ドラックのお客様は入札者を募り、圧力感知機器の供給を含む700箇所もの地方分散型熱供給センターのネットワークを確立しました。 このタスクの性質上、システムインテグレーターは契約と設置の技術的側面を監督することに従事していました。 ドラックのチャネルパートナー(圧力センサーの供給に関する契約に向けて入札していた)は、ドラックのセンサーがこのアプリケーションに理想的だと考えました。 但し、入札全体の落札者は、システムインテグレータ-であり、彼らの他のビジネス部門でも圧力センサーを製造しており、当然ながら、このアプリケーション用に自社の圧力センサーを採用したいと考えていました。

自社の圧力センサーを含むシステムインテグレーターの暖房システムの設置が進んでおりましたが、運用中に多数の圧力センサーが故障しました。 それに伴い、システムインテグレーターは、自社のセンサーを発展途上国で生産された低コストの圧力センサーに置き換えました。しかしながら、置き換えた圧力センサーも運用中に故障しました。

信頼性の問題と運用に影響を与える不確実性に直面して、エンドユーザーはドラックに直接連絡することを決定しました。 アプリケーション要件の技術的レビューを実施し、このアプリケーションに対するドラックのUNIK5000圧力センサーの適合性を検討した後、エンドユーザーは900個の2回目の入札を開始しました。

圧力センサーの信頼性に関する以前の問題に照らして、エンドユーザーは機器自体の再取り付けを提案し、900個のUNIK5000 圧力センサーのサプライヤーとしてDruckを選択しました。

 

 

unik5000

写真1:ドラック UNIK5000 圧力検知プラットフォーム

 

Druckのソリューション

ドラックの製品範囲に関する知識により、チャネルパートナーは、UNIK5000により、運用コストを大幅に節約でき、より正確で信頼性の高いソリューションをお客様に提供することができました。

dhs

写真2:地域暖房システム

 

地域熱供給システムでは、写真2に示すように、給湯パイプラインの入力および出力接続が中央ハブからつながっています。 これは、約90〜100°Cの水と16 bar (1.6 Mpa) の圧力を含む一次ループです。 システムには、油圧ネットワーク、処理システム、およびローカルで監視される圧力と温度のデータを提供する遠隔測定システムが含まれます。

ドラックのUNIK5000 組み合わせ可能なモジュラー式圧力センサーは、暖房および消費者向けの給湯目的で建物につながる2次ループの圧力を監視するために選択されました。 地域の暖房センターごとに1つの圧力センサーが必要です。 建物の暖房システム内では、均圧リザーバーが暖房パイプシステムの上部に配置されています。 この貯水池内の水位の変化は、システムの最下点にある圧力センサーによって監視されます。

Druckのもたらした付加価値

ドラックのUNIK5000の導入により、次の利点がもたらされました:

ドラックセンサーのシリコン・ピエゾ抵抗式圧力センサーは、圧力サイクルに最適であり、経年及び長時間の高温環境下での使用でもフォーマンスの低下はありません。

高品質の機械加工および溶接されたモジュールは、このようなアプリケーションで完全に堅牢であり、UNIK5000には高品質の電子部品が使われているため、高温で長期間に渡り安定的な動作が可能です。 

 

アプリケーション・ストーリーのダウンロード

DruckのUNIK5000のコンフィギュレーション機能を使って、お客様のアプリケーションに合わせて設計する

Druck のLinkedInを見