自動非破壊検査UTシステム

マルチチャネル探傷器

超音波探傷器

Krautkrämer システムレベル超音波測定器は、高速自動 UT 検査ラインへにサードパーティが組み込むために必要な性能と機能を備えて設計されています。

検査データを高速に処理しながら、優れた検出確率を提供する装置です。 さらにノイズ抑制技術により、テストショットのロスがなく、パルスごとに評価できます。

構成は、航空宇宙自動車産業のさまざまな用途に利用でき、きず、厚さ測定など自動および手動によるきず評価をも行うことが可能です。 さらに次のような用途もあります

  • 鍛造検査
  • ビレット検査
  • 複合検査
  • ピストン試験
  • バーおよび管の試験
  • レール、車輪検査
  • ERW/SAW溶接検査
  • ガスボンベ検査
  • 鋳造品の検査


検査の生産性と超音波のフルカバレッジを両立させるためには、高出力の電子機器が必要です。 このギャップを埋め、検査がさらに上のレベルのパフォーマンスとなるように機器を設計しています。

マルチチャンネル超音波探傷器

Krautkrämer USIP|xs CV – ESSENTIAL

マルチチャンネル探傷器USIP 40の後継機として、新たに登場した Krautkrämer USIP|xs CV は、簡単で費用効果に優れたシステム統合へのニーズに応えます。 改良されたマルチインスツルメントアーキテクチャは、自動化機能の最適化に役立ち、より多くのインターフェースと柔軟性を提供します。

USIP|xs CV は自動化および半自動化検査システムとして使用できます。 幅広いチャンネル構成が可能で、性能と価格において拡張性に優れています。 そのため、広範なプロジェクトや用途に適しています。たとえば、品質保証、プロセス管理、R&D 向けなどの非破壊試験に適しています。

 

Krautkrämer USIP|xs CV - ESSENTIAL: キーハイライト

Krautkrämer USIP 40 - マルチチャネル探傷器

非破壊試験専門家に問い合わせる

お問い合わせ